電子部品の在庫をを通販店で確保する

電子工作を行う時に必要な電子部品は、秋葉原などの電気街にあるお店などが通販サイトの運営を行っているので、秋葉原まで行かずに電子部品の在庫を確保する事が出来ます。
電子部品には無鉛半田用やチップタイプなどの特殊なものがあるので購入時には注意が必要です。

電子部品にはリード部品とチップ部品の2種類があります

電子部品はリード部品とチップ部品と言う2つの種類に分ける事が出来ます。リード部品は、リード線が部品から伸びているタイプの電子部品で、プリント基板に空いている穴に挿入をし、裏側から半田付けするタイプです。挿入した後は、足を折り曲げて固定した状態で半田付けを行うのがコツで、長く伸びたリード線は半田付けが完了した後、ニッパーでカットしておきます。チップ部品は、部品の両側などに電極が付いていて、半田面側に直接半田付けするタイプの電子部品です。リード部品だけでは実装密度が高くなってしまい、1枚のプリント基板に電子部品を実装出来ないケースもあります。チップ部品は小型化が行われた電子部品であり、半田面に直接半田付け出来るので、両面基板にも取り付けが出来ると言うメリットを持ちます。メリットを活かすためにも、この電子部品の在庫を確保しましょう。

無鉛半田用の電子部品の特徴について

半田には鉛が入っているタイプと鉛が入っていない2つの種類があります。鉛が入っていない半田の事を鉛フリーと言いますが、鉛と言うのは有害な物質でもあり、環境に良くないので鉛フリーの半田を使う企業が多くなっています。
鉛が入っていない半田と言うのは鉛入り半田よりも融点温度が高いのが特徴で、普通の半田ゴテでは半田付けが出来ないため、専用の半田ゴテが必要になります。
電子部品についても、鉛フリー対応の部品と一般的な鉛入り半田対応タイプの種類があり、特に高温度に弱い半導体などには、鉛フリータイプのICやトランジスタなどがあります。
融点温度が高いので、普通の半導体を鉛フリーの半田で半田付けをすると破損する事もあるので半田付けはスピーディーに行うのが大切です。

冬場の静電気は電子部品を破損する原因にも繋がります

冬の乾燥時期になると、金属に触れた瞬間に静電気が発生する事が多くありますよね。静電気の電流値そのものは高くありませんが、数千ボルトと言う電圧になると言われており、金属に触れた瞬間感電するような感覚になる理由は高圧のためです。これは人間だけではなく電子部品にも同じ事が言えます。
電子部品の中でも半導体類と言うのは静電気に対して破損が生じやすいもので、素手で触れた瞬間静電破壊を引き起こししてしまう事もあります。半導体に触れる時には、静電気が発生しないようにアースバンドをするなどの静電気対策を行うようにしましょう。また、セーターなどの洋服類は静電気を溜めやすので、電子工作を行う時には静電気が発生しないような服装を選ぶのもお勧めです。

サイトでは正規品やRochester製品、Mouser製品を販売しています。 リピート注文も自動発注や手動発注ができます。 新規登録でもれなく500ポイントプレゼント! 仕入れを当社一本にすることで大幅なコスト削減が実現します。 ロチェスターエレクトロニクス社の正規代理店です。 MOUSER社の正規代理店として400万点以上の製品を取り揃えております。 電子部品の在庫を種類豊富に取り揃えております